Ubuntu - rootアカウントを有効にする

Ubuntu Linuxオペレーティングシステムでは、rootアカウントはブロックされており、「スーパーユーザー」権限を持たないユーザーは使用できません。 ユーザーのアカウントでroot特権有効にするにはsudoまたはgksuコマンドを使用できます。 Linuxのsudoコマンドを使用すると、 コンソールセッションをコマンドモードでのみアクティブにするために、rootユーザーに対してパスワードモードを設定できます。 sudoコマンドを使用してグラフィカルユーザーインターフェースにアクセスすることはできません。 グラフィカルユーザーインターフェースでroot権限有効にするには 、ログインとセキュリティ設定を管理ツールで変更する必要があります。

問題

Ubuntuでは、rootアカウントへのアクセスがブロックされ、sudo / gksuコマンドのみがスーパーユーザーと同じ機能の使用を許可します

溶液

ルートアカウントを有効にし、ルートモードでコンソールから直接アクセスするには、次のコマンドを入力する必要があります。

 $ sudo passwd root 

このコマンドを使用すると、コンソールセッションでのみアクティブになるルートユーザのパスワードモードを設定できます(GUIなし)。 パスワードが初期化されると、ユーザーrootでコンソールセッションを開くことが可能になります。

ご了承ください

グラフィカルユーザrootへのアクセスを有効にするには、 System / Administration / Loginに移動し、 Securityタブをクリックしてから、 ローカルのSystem Administratorの接続を許可するボックスを選択します。

ルートアカウントを切断して再接続します。

前の記事 次の記事

トップのヒント